メールフィルターでメールが届かないケースの対策は?

私が幹事を務めている、同期会の連絡はおもにメールを使用しています。
このため、住所よりもメールアドレスを優先して、取得するようにしています。
携帯の電話番号しかわからない場合は、その番号にショートメールを打って、メールアドレスを取得する方法を使っています。
費用や速報性の点から、ハガキの使用は住所しかわからない人に限定して、数も2回くらいにとどめています。
そして、不定期ながら準備状況等をメールマガジンのスタイルで配信しています。
途中からメールを受け取るようになった人が必ずいるわけですから、そのような人にはこれまでの情報がWebサイトで見られるようにして、そこでフォローしています。

さて、取得できたメールアドレスが携帯電話のメールアドレスだった場合の話です。
自分からメールを読みにいかないといけない、パソコン等のメールアドレスに比べると、プッシュ型で携帯電話に届くメールは便利です。
しかし、その一方で携帯電話のメールアドレスはメールフィルターの設定で、パソコン用のメールアドレスからのメールを受信拒否している場合があります。
「フィルターの設定を変更して!」とメッセージを送ることすら、パソコンからのメールでは通知できません。
続きを読む

同窓会の寄付をクレジットカードで集めるには?

同窓会(同期会)の開催には当日の会場費や飲食代の他に、準備段階での通信費等の経費が掛かります。欠席者へのハガキ代や、住所不明で届かなかったハガキ代などなど。
基本的に、これらも含んだ金額を参加者の人数で頭割りするなどの方法で負担するわけですが、このことが当日会費の割高感などとなっています。
仮にドタキャンがあった場合、その分がまるまる収入減になりますし、その金額までも参加者や幹事で負担することになると、不満の声も出てきます。

このような費用が参加者などへの負担とならないように、活動経費の一部をパンフレットの協賛広告で賄うなどの方法もありますが、できれば欠席者の人から直接的に「寄付」をもらうということが考えられます。

続きを読む